FC2ブログ

当サイトには性的な表現が含まれるため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りしています。

←サイトのトップページに戻る ←ブログのトップページに戻る

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.08
Thu
セルシスさんの漫画作成ソフトには3Dモデルから線画を作成してくれる
「3DLT」という機能が付いています。

とても便利な機能なのですが、使用するモデルによって、
曲面が角張る、ノイズが出る等の不都合がありました。
ComicStudioでは、スムージング処理を行う設定があって
多少の乱れは改善できたのですが
CLIP STUDIO PAINTにはその様な設定がなく、
どうしたものかと思って、少し調べてみました。

セルシスさん御免なさい、私が間違っていました。

CLIP STUDIOシリーズでは3Dモデルに、
サブディビジョンを利用して
ノイズの少ない滑らかな曲線を表現でき、
エッジウェイトを利用して
綺麗な線画を得ることが可能だったのです。



あまりに綺麗にレンダリング出来るので、面白くなって、
原稿そっちのけで、ついつい3日ほどモデリングに熱中してしまいました。
すっかりMetasequoiaユーザーです。
作成した素材はセルシスさんの公式サイト「CLIP」でダウンロード出来ます。
(※ダウンロード出来るのはCLIP STUDIOの独自形式です)

サブディビジョンやエッジウェイトの恩恵を受けるには、
CLIP STUDIO MODELERで3Dモデルを作り直す必要があるので、
今までの素材をそのままで使用するには適さないのが欠点ですが、
ものすごく将来性を感じました。



3Dモデル作る人、増えて下さい(・▽・)!
これ絶対便利。
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://akizorahiroki.blog.fc2.com/tb.php/4585-94617b08
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。