FC2ブログ

当サイトには性的な表現が含まれるため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りしています。

←サイトのトップページに戻る ←ブログのトップページに戻る

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.13
Mon

今まで利用していたキャリブレーションツールのi1 Display 2が広色域モニタに必ずしも対応していないのと、色温度の設定を行うと明らかに異常な結果になるなど経年劣化でフィルターが変色し、正常に作動しなくなっていたので、新しくcolormunkiを購入しました。国内の代理店を通して購入すると5万円以上するので、直輸入品の4万円強の物を(^_^;)代理店さんご免なさい。

i1 Display 2の様なフィルター式の測光計ではなく分光光度計なので、特に広色域での精度と経年劣化の少なさに強みがあります。一方、あくまでエントリー向けの製品と言うことで、色温度の測定とか細かいモニタの調整などは行えない仕様になっています。(ソフトの機能として実装すればできるような気がするので、あえて制限する意味が分からないのですが、恐らく上位機種との差別化のためだと思います。)

というわけで早速キャリブレーション。



大きい三角がメインで使っている広色域モニタ、小さい三角が液晶ペンタブレットのCintiq 12WXで、それぞれcolormunkiとi1 Display 2で測定した結果です。…うん、あんまり違わない。実際には、キャリブレーション後の結果がそれなりに違っているので、まぁ、たぶん、良くはなっているのだと思いますけれども、この手の機器は効果が正しいものなのか分かりづらいのが難点です。

巷ではi1 Display 2は1~2年で駄目になると言われているので、colormunkiにはもう少し長持ちして欲しいところです。


 私のおすすめ:
colormunkiの購入はこちら


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://akizorahiroki.blog.fc2.com/tb.php/437-7eab9637
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。